一年後を見据えて(次の一手をどうしよう)

 

4連休がスタートしましたね。

のんびりと休日を楽しむ計画を立てていますが、資産運用では引き続き「株完全ガイド 儲かる株ベスト&ワースト 328! 2020/7/1発行」を見ながら今後の一手を探っています。

 

前回「ガイド本買ってきました(教育のICT化に向けた環境整備!?)」にも書いたのですが、こちらのガイドブック、冒頭の

 

「コロナショック後の今こそ、生涯に数回しかない株をやる大チャンスなんです!」

 

との文字が強く私の心をとらえています。

 

日経平均株価は過去リーマンショックが起きたときにも大きく下落したが、5年程度の年月をかけて元の水準以上に回復した。

このように相場は大きく下落するタイミングを乗り越えて、再起不能になることなく上げ下げを繰り返している。

今はコロナショックによって安く買って高く売る絶好のタイミング。

 

出典:株完全ガイド 儲かる株ベスト&ワースト 328! 2020/7/1発行

 

 

このガイドに載っていた2020−2021のキーワードをいくつか眺めてみても期待の高まりしかありません。

 

 

<注目したキーワード>

アフターコロナ

感染拡大がどこで落ち着くか分かりませんが、通常の経済活動に戻っただけでも業績、株価に相当なインパクトがありそうです。

 

5G通信

「超高速化」「超多数同時接続」「超低遅延」を実現し、社会インフラを一新させる可能性が高いようですが、一方でサイバー攻撃へのセキュリティ対策の重要性も高まりそうです。

 

五輪特需

2021年東京五輪に向けて株価上昇の期待が高まります。

 

財政投資拡大

コロナ収束後の追加経済対策に期待、ということです。

 

REIT

大幅下落後、住居、物流関連で上昇余地大では、ということです。

 

 

そこで今回、検討した次の手としてはおおよそ以下のようになりました。

資金に限りがあるので、この内のいずれか一つ、あるいは二つを実施する形になりそうです。

 

 

※( )は自分の中で保有銘柄を整理したときの投資カテゴリーです。

<現在の保有銘柄> →「2020年8月末の資産状況

 

 

 

(1)株主優待&配当狙いのコツコツ投資(9/21追記あり)

   4925ハーバー       100株新規購入(優待目的でかつて保有)

   9324安田倉庫       100株新規購入(かつて保有)

   3563スシロー       100株新規購入

   3197すかいらーく     100株新規購入(優待改悪ですが…)

   7185ヒロセ通商      100株新規購入

   3539JMホールディングス 100株新規購入

 

(2)割安株の修正をじっくり待つバリュー投資(9/21追記あり)

   5921川岸  100株買い増し(アフターコロナを見据えて業績回復待ち)

   6158和井田 100株買い増し(アフターコロナを見据えて業績回復待ち)

   7911凸版  100株新規購入(昔、仕事で関わりがありました)

 

(4)国内ETFを使った米国投資(地域分散、資産分散)

   1545NASDAQ 10株買い増し

 

他にも検討している銘柄がたくさんあるので4連休中、まだまだ迷うと思いますが、この中のいずれかを実行できればと考えています。

 

 


サラリーマン投資家ランキング

コメント